看護師になりました。

私のお父さんは医者です。父方の祖父も医者をしており、個人病院を開業していました。

今は祖父は亡くなってしまい、父が跡を継いで、この病院の院長をしています。

ちなみに、私の兄も医者になっており、ゆくゆくはここの病院を継ぐんだろうと思っています。

他に、母方の祖父もお医者さん、母の弟もお医者さん、親戚もお医者さんが多く、我が家は医者家系なんですよね。

小さい頃はお医者さんが多くて、いい部分もたくさんあったんですが、大人になるにつれて嫌な事が増え始めましたね。

やはり、私も必然的にお医者さんにならないといけないのかな、、、ってプレッシャーがかかるようになりましたからね。

でも、両親は全くそんな事を思っていなくて、私がしたい事をしなさいと、常々言ってくれていました。

この言葉には凄く助けられましたね。

結局、私は女性という事もあり、お医者さんは諦め、看護師の道に進むことにしました。

現在は無事看護学校も卒業して、働き先を探している段階です。

できれば病棟の看護師勤務が希望ですね。

コチラ参照に・・・病棟看護師求人

自分に合った働き先を見つけたいですね。

ワンちゃんが大好き

私はワンちゃんが大好きです。子供のころから実家で飼っていましたし、結婚してからも旦那と話し合ってフレンチブルドッグを飼い始めましたからね。

実家のわんちゃんですが、先月ついになくなってしまいました。15年ほど元気に生きていてくれたのですが、去年の年末よりちょっと調子を悪くしてしまって、そのままと仕上げに無くなっちゃったって感じですね。今までたくさんの思い出があるのですごくつらかったですね…。

人間同士だと寿命がある程度同じだと思うので、年功序列ではないけど、おじいちゃん・おばあちゃん、お父さん・お母さんといった順番でなくなっていくと思うんだけど、ワンちゃんの場合間違いなく先に無くなっちゃいますもんね。長くても20年ぐらいだと思いますので。

それでも、ワンちゃんが大好きなので飼いたいですけどね。

そういうこともあってか、今度ペットショップのアルバイトを始めることにしました。いろんなペットに囲まれて楽しそうだなというのが始めたきっかけです。実際に始めると大変なことやつらいこともたくさんあるとは思いますが、がんばってやっていきたいと思っています。

地元に帰ることにしました。

ぼくが働いている会社の経営が悪くて第二回目の社員切りが始まりました。前回の時は入社して3年経っていない人の希望退職は許されなかったので仕方なく残りましたが、今回は3年未満でも1か月の退職金を出すから退職OKってなりました。そこまでしてでも社員を減らしたいんでしょうね。なので、ここまで謝金切りをしている会社の未来に期待ができないと思って退職することにしました。急だけど12月いっぱいで。辞めると決めたら少しでも早い方がまた次の会社に入るのにはいいかなと思って。

今は地元を離れて一人暮らしをしているのですが、職を失ってすぐに新しいところが見つかるかも分からないので地元に帰って取りあえず実家にすむことにしました。

地元で実家暮らしのほうがなにかと安心だしお金もかからないし。両親も地元に帰ることを嬉しく思ってくれていますしね。

しかし!!実家に帰るための引越し費用が・・・入社してから貯金というものをしていなかったので引っ越し費用がないっ。親に出してもらうわけにもいかないし、退職金って言っても辞めるときにくれるのではなく翌月とからしいので費用にあてるには間に合わない。。。ってことで引越し費用ローンっていうのがあったのでそれを利用してみることにしました。

わきが手術を受けようかな…。

今23歳になるんですが、わきが手術を受けようかどうしようかスッゴク悩んでいます。

自分がわきがだとちゃんと気づいたのは高校生の頃ですね。それまでの中学生の頃とかは、こんなに臭っていた記憶がないのです。ただ、汗をかいて匂っていただけだと思っていたのかもしれませんけどね。

高校生の頃になって自分がわきがであるということが分かりました。それは身近な友人が、「お前わきが臭がするぞ!」って言ってきたのです。そこではじめて自分がわきがということに気付いたのです。

自分でもちょっと臭いなとは思っていたのですが、これは汗をかいたことによるものだと思っていました。でも、他人から言われたことにより事実が判明したというわけですね。

それからもう7年ぐらいがたとうとするのですが、その時にわきがということに気付いたことにより、なんかより緊張しただけでも汗をかいて匂うようになってきたような気がします。満員電車の時なんかはちょっと怖すぎますね。前の人が苦虫を噛み潰したような顔をしていたら自分のせいかなーと思ってみたり。

そういう時は途中で電車を降りて、脇の臭いを嗅いで、臭いようならばちゃんとウエットティッシュでふき取るようにしています。対策もいろいろ調べてみました。→脇が臭い時の対策

こういう状況ですので、思い切ってわきがの手術を受けようかなーなんて思っています。これからまだまだ何年も生きていくわけですから、ずーっとわきがのことを気にしながら生きていくよりも、思い切ってわきが手術をして、その後は気にせず暮らす方が絶対いいでしょうからね。

1度きりの人生

人生は1度きりですので、自分自身で頑張って切り開いていかなければなりません。笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生ですからね。どうせなら笑って暮らしたいものですよね。

このように前向きに生きるようになってから、私はいいことばかりが起こるようになってきたような気がするのです。これからも前向きに生きていきますね。